記事内に商品プロモーション「PR」が含まれています。
イベント

淀川花火大会2023の屋台の場所は?種類や出店時間・混雑状況を解説

淀川花火大会 屋台

大阪でもっとも大きな花火大会と言えば、淀川花火大会ではないでしょうか。

2023年は大規模なPL花火が中止になったこともあり、淀川花火大会が余計に注目されています。

そこで気になるのは、屋台の場所や種類、時間、そして混雑時間ではないでしょうか。

この記事のポイント

・淀川花火大会2023の屋台の場所
・淀川花火大会2023の種類
・淀川花火大会2023の混雑状況

についてお話ししますので参考にしてみてください。

淀川花火大会2023の屋台は開催される?

淀川花火大会では、まず屋台は開催されます。

ただし、コロナの影響もあってか例年よりは縮小傾向にあるようです。

それ以外でも、材料費やテナント料の高騰が予想以上、そして人材確保が難しいため、なかなか出店したくてもできないというのが現状です。

最近でもニュースで人材不足により花火大会が開催できないというのを見ました。

多くの人が待ちわびた“夏の風物詩”。しかし「コロナの規制」が明けた今年も、花火大会の中止が相次いでいます。 その理由は、深刻な「人手不足」です。
実行委員長 「一番はですね、スタッフ不足。警備態勢と駐車場の確保など、安全対策に十分な(人員が)確保ができないということで、花火大会の中止という苦渋の決断をさせていただきました」
引用:Yahooニュースhttps://news.yahoo.co.jp/

淀川花火大会という大きなイベントにもかかわらず、屋台の数が減るのは、かなり難しい問題だと言えますね。

淀川花火大会
淀川花火大会2023の無料で見れる穴場10選!チケット不要や絶景ホテルも解説!大阪でもっとも有名なイベントと言えば、淀川花火大会ではないでしょうか。 今年は大阪で有名なPL花火が中止になったため、余計に淀川花...

淀川花火大会2023の屋台の場所は?

淀川花火大会2023の屋台の場所は西淀地区と、十三駅周辺です。

こちらが十三駅周辺です。

十三駅から南に向かえば河川敷に行けるのでその段階で屋台の存在に気づかれるはずです。

こちらが西淀地区です。

塚本駅から南西に向かえば、屋台が見られます。

ただし、十三駅の下車からの移動はとんでもなく混みあう可能性があります。

淀川花火大会2023の屋台の種類は?

屋台で肝心なものと言えば、種類ですよね。

毎年、出店内容が異なるので楽しみにしている人は多いはずです。

過去の情報を調べますと、

・焼きそば
・焼き鳥
・からあげ
・フランクフルト
・焼きおにぎり
・パイン
・枝豆
・きゅうり
・牛タン
・コロッケ
・かき氷
・ミルクせんべい
・いちごあめ
・タピオカ
・たこせん

・射的
・金魚すくい
・水ヨーヨー釣り
・スーパーボールすくい

などが該当します。

割とメジャーな屋台が多いイメージがありますよね。

ですが、変り物は買う勇気が必要なので、こういうシンプルな屋台が良いような気がします。

淀川花火大会2023の屋台の時間は?

屋台の営業時間は、2023年8月5日(土曜日)の15時から21時ごろまでとなっています。

ただし花火が19時半~20時半まで開催されるため、この時間はとてつもなく混みます。

もし目的が屋台だけであれば、花火の打ち上げ時間は避けるべきです。

もっとも空いている時間帯は、15時から16時くらいの間です。

この間はまだ混雑するほど人が来ていないからです。

また、屋台の存在を知らずに来られる人も多いので、15時くらいに現地にいるのが最適だと言えます。

淀川花火大会2023の混雑状況は?

淀川花火大会

当日はチケットを持っている人と、そうではない人のルートが決められています。

御幣島駅や姫島、塚本駅、西中島南方駅からはどちらでも構いませんが、十三駅の場合はご注意ください。

純粋に屋台メインであれば御幣島駅や姫島駅、西中島南方駅から降りたほうがよさそうです。

去年まではコロナの影響で淀川花火大会に行くのを我慢した人は多いはずです。

同時に今年はPL花火が中止になったこともあり、その分、淀川花火に大集合する可能性があります。

また、2023年は屋台が例年以下の出店数になることも、混雑になる可能性が高いです。

混雑を避ける、というのは難しいですが、花火の打ち上げ時間帯を避ければかなりスムーズにいけるのではないでしょうか。

まとめ

淀川花火大会2023では屋台が開催されますが、例年ほど出店数は多くない可能性があります。

なぜなら去年が少なかったのと、異常なまでの物価の高騰、そして人材不足があるからです。

それでも淀川花火大会くらいの規模であれば、数百店舗は出店する予定のため、花火以外の楽しみとして行ってみてはいかがでしょうか。

daisuke k
当ブログでは、全国のイベント情報や気になるニュースをピックアップし、独自の調査から記事を公開しています。
私のうまれは「だんじり」が活発な場所ですので、お祭り関係は特に力を入れて更新しています。